読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Firefox拡張開発に便利な拡張

Firefox

Firefoxの拡張開発は、Firefox本体とエディタがあれば可能である。ただ、それだけだと本当にストイックすぎる。「そんなのじゃなくて、もっと便利ツールがほしいヨ」「開発ってもっとキラキラしてないとできない」という人も多いだろう。そこで、開発する上で便利な拡張機能を導入することにする。「そんな軟弱なものなど不用!」という人は、別に読まなくていい。

今回導入する拡張一覧

今回導入する拡張は以下の2つ。

それでは詳しく見ていこう。

Firebugの導入

Firebugは、Webアプリケーション開発のためのデバッグ、モニタリングツールだ。有名な拡張なので知っている人も多いだろう。そのパワーはすさまじく、仮にFirefox以外のブラウザを愛用していたとしてもFirebugのためだけにFirefoxを使う価値があるぐらいだ。
そして、この拡張は拡張開発にも役に立つ。自分で作ったXULファイル、JavaScriptデバッグができるのだ。とはいえ開発を始めたばかりなので、まだ使い方がよく分かっていない。あとXULとかいう単語を使ってみたが、それもまだよく分かっていない。でもそのうち慣れるだろう。気にしないことにしよう。
インストールする際の注意として、もちろんこの拡張は開発用プロファイルにインストールしなければならない。なので開発用プロファイルで起動して上のアドオンページからインストールするか、XPIファイルを一旦ローカルに保存し、開発用Firefoxの「ファイルを開く」メニューからインストールしよう(これはFirebug以外の拡張でも同様)。
インストールしたら「表示」->「Firebug」を選んでFirebugを表示させる。初回起動の場合は有効にするかどうか聞いてくるので、無論「有効にする」を選ぶ。
さらに以下をuser.jsに追記し、たくさんエラーを出力してくれるようにする(例によってabout:configで設定しても良い)。

user_pref("extensions.firebug.showChromeErrors", true);
user_pref("extensions.firebug.showChromeMessages", true);

それとアイコンがゴキブリにしか見えないが、そこは我慢しよう。

QuickRestartの導入

Firebugは超高機能なので、はっきり言って他に何も要らない。が、それだけだと何なのでもう少し「かゆいところに手が届く」ような拡張も入れてみよう。
これから紹介するQuickRestartは、その名の通り素早く再起動するための拡張だ。開発をしていると何かとFirefoxを再起動したくなることがある。そんな時、いちいち「終了」->「起動」->「終了前に開いていたページを再度開く」なんてやっていたら面倒くさくてしょうがない。QuickRestartはそんな手間を解消してくれる拡張だ。
再起動したくなった時はおもむろに「ファイル」->「Restart Firefox」を選ぶと、開いていたページを再現したまま再起動してくれる。また、ツールバーに「再起動」ボタンを追加し、そこから再起動することもできる。
そう、それだけだ。1つのことをきっちりこなす良い拡張だと言えよう。どうやら似たような拡張が他にもあるようなので、それらを使ってもいいだろう。それと、こう言っては何だが無いなら無いでなんとかなる。入れたくなかったら入れなくていいと思う。

以上で開発用の拡張の導入は終わりだ。と言っても追加したのはほぼFirebugのみだと言えよう。一見少ないようだが、Firebugのパワーを持ってすればできないことなどないと信じている。それに、たくさん入れてもわけがわからなくなるし。あとは物足りなくなった時に改めて探してみることにする。