読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

screenのウィンドウ分割を使いやすくする設定

プログラミング環境

たまにGNU screenのウィンドウ分割が使いたくなるんだがキーバインドがわけわかんなくてムキーってなるので、screenrcを修正した。

#split window
bind s eval split focus "select 0"
bind ^s eval split focus "select 0"

#resize
bind r eval 'command -c resize'
bind ^r eval 'command -c resize'
bind + eval 'command -c resize'
bind - eval 'command -c resize'
bind -c resize + eval 'resize +1' 'command -c resize'
bind -c resize - eval 'resize -1' 'command -c resize'

#move current window
bind j focus down
bind ^j focus down
bind k focus up
bind ^k focus up

#close current window
bind c remove
bind ^c remove

#close all other windows
bind o only
bind ^o only

まず最初に、splitで分割しても空のウィンドウが表示されるだけで困るので、そこにフォーカスを合わせて0番のウィンドウに切り換えるようにした。

resizeのところは、GNU screenを使い倒せ!resizeの便利な設定を参考にした。

この設定で、C-a r なんかで「サイズ変更モード」に入って、'+', '-'キーでサイズを調整できるようになる。ついでに、C-a の後'+'押しっぱなしでどんどん大きくでたりきるようにもしておいた。qとか適当に他のキーを押すとこのモードは抜けれる。

後は移動とか閉じる系のコマンドを適当に割り振った。

これでだいぶ使いやすくなった。